1. AGA横浜
  2. AGA治療薬
  3. ≫ミノキシジルの副作用にむくみがあります

ミノキシジルの副作用にむくみがあります

薄毛対策にはAGA治療が有効となっており、すでに始めている人も多いのではないでしょうか。
AGA治療にも植毛などの手術が必要な治療もありますが、まだそれほど進行していないという場合はまずは薬を使った治療がすすめられることが多くなっています。

AGA治療薬は飲むタイプのプロペシアは特によく知られている存在で、こちらの一日一回飲むことでホルモンの影響による薄毛を防いでいきます。
そして、もうひとつ有名な薬にミノキシジルがあります。
こちらはもともと、高血圧の改善に利用されていた薬で血行を良くすることで頭頂部の薄毛の改善に役立つとされています。
そしてこの薬は外用薬で利用されることが多く、医療機関でも処方されていますし、薬局でもミノキシジル配合の育毛剤が販売されています。

こうした薬は長期に続けていくことで、改善が得られるものですので、すぐにやめてしまわずにある程度の期間は使い続けていきましょう。
そして、薬は副作用もありますので、長期に利用するとなると体への影響も気になってきます。
それゆえに利用する前は効果だけではなく、どのような副作用が出てくるかもよく確認しておく必要があります。

ミノキシジルの場合はむくみが出ることがあるとされています。他の薬でもそうですが、使用すると肝臓や腎臓にはある程度負担がかかりますので、利尿作用が低下してしまうことがあります。
血管を拡張する薬ですので、血液濃度が薄くなり、その濃度を戻すために血管から水分を排出しようともしますので、それがむくみとなって現れることがあります。

むくみの対策としては運動を利用したり、リンパマッサージなどを行うなどで水分を体外に排出させやすくすることがあげられます。

とはいえ、気になる副作用も頭皮に塗布するタイプの薬ではそれほど多くの影響はないとされています。
気をつけたいのは、個人輸入などでミノキシジルタブレットを購入し、ミノキシジルを内服している場合です。内服の場合は外用よりも体への影響が出やすいので、もし飲んでいて変化を感じたら、そのまま使用せず、一旦使用をやめ、医師に相談してみましょう。
体調の変化がありながら、使い続けると思わぬ健康被害が出ることもありますので、気をつけたいところです。

そして、薬を多目に飲む、一日何回も飲むなどの間違った使い方も副作用を発生させやすくなってしまいます。
安全に薬を使うためにも用量や用法は正しく守ることが大事です。