1. AGA横浜
  2. AGA全般
  3. ≫男性だけじゃない!女性にも起こるAGAの特徴

男性だけじゃない!女性にも起こるAGAの特徴

これまでAGAは男性だけの問題とされていましたが、近年では女性でも起こりえる症状として認知され、男性の症状と区別するためにFAGAとも呼ばれています。まずAGAのメカニズムとして知っておきたいのは、男性ホルモンのテストステロンと、5αリダクターゼと呼ばれる酵素です。毛乳頭の中に5αリダクターゼが存在していますが、血液中に流れる男性ホルモンのテストステロンが毛乳頭に入り込むと、5αリダクターゼと結びついてジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる物質に変性されます。作られたDHTが毛母細胞に侵入し、男性ホルモン受容体に結合すると細胞分裂が正常にできなくなり、結果的にヘアサイクルが乱れて、髪の毛が成長できずに薄い毛となったり、簡単に毛が抜けるようになります。男性ホルモンが中心となった症状ですので、女性には関係ないように思われますが、男性ホルモンは男女ともに持っているもので、女性の薄毛もまた同じく、DHTが変性されて毛母細胞に影響を与えます。しかし、男性の症状と圧倒的に違うのは、女性ホルモンのエストロゲンが毛髪を育てる働きがあることで、このホルモンを活発に分泌する人は、毛髪への影響もほとんどないと言われています。このエストロゲンは加齢と共に分泌が減少されることから、30代後半や40代あたりからはほとんど分泌されず、毛髪を育てる力が弱まると、FAGAが進行してくるようになります。その他にも過度なダイエットや睡眠不足、ストレスでホルモン量は減少しやすく、また妊娠・出産といった転換期では一時的に減少が見られることから、この時期では薄毛が目立つようになります。男性と区別されるのは、薄毛になる脱毛のパターンが異なるためで、男性では頭頂部と前頭部の局所的な抜け毛が目立ちますが、女性の場合は全体的に薄毛が広がっていくのが特徴です。ホルモンによる影響が大きいため、この特徴が見られるのですが、エストロゲンの分泌量はある程度は保たれているので、一気に毛髪が抜けるということはありません。ただし、頭髪のほとんどが薄くやせ細ったような毛となり、密度が薄くなることで、地肌が目立つようになります。