1. AGA横浜
  2. AGA全般
  3. ≫AGAかどうかのセルフ診断は遺伝子検査でできる

AGAかどうかのセルフ診断は遺伝子検査でできる

多くの男性の薄毛のタイプはAGAであるといわれていますが、発症する前に自分がAGAを発症するかどうか、現在どの程度薄毛が進行しているのかといったことに関してのセルフ診断を行うことができます。どのような方法でセルフ診断を行うのかというと、遺伝子検査を使って行うことができます。この薄毛の遺伝子検査の具体的な方法としては、口内から粘膜を採取して、それを検査機関に郵送して遺伝子調査を行うという方法で行っていきます。遺伝子を測定することによって、今後AGAを発症するリスクがあるのかどうか、もしも発症した場合、治療薬がどの程度効果をもたらすのか、現在どの程度薄毛が進んでいるのかといった判定結果を見ることができます。遺伝子配列によって、薬による治療効果と発症リスクがすぐにわかるので、自分の治療計画を事前に立てることができます。また、自分は薬が合うのか合わないのかということも再確認することができます。この検査は一回だけで行うだけで結果がでますし、痛みなどもなく簡単に行うことができますから、痛みが気になる人や忙しい人でも簡単に行うことができます。もし、遺伝子検査の結果、AGAの発症リスクが高い遺伝子を持っているという判定が出たとしても必ずしも発症するというわけではないので、ショックを受けるにはまだ早いということになります。遺伝によるAGA発症の影響については、およそ70パーセントから80パーセントとなっていますし、遺伝以外にも生活習慣も関係しているので、絶対ではないということがいえます。このような遺伝子検査を受けることのメリットとしては、早期に治療を開始することができるので、改善の可能性が広がるということが挙げられます。薄毛の場合は、症状が進行すればするほど改善することが難しくなってきますから、早めに対処することが大事になってきます。薄毛を放っておけば、前頭部や頭頂部付近の毛髪がほとんどなくなってしまい、毛が生えなくなった状態が長期間に及ぶと、毛母細胞や毛根が完全に死んでしまって、治療薬も効果がなくなってしまいます。ですから、もし、遺伝子検査を行って、薄毛の検査の判定で発症リスクが高いということがわかれば、まだ髪の毛が薄くなる前に治療薬を服用するなどの対処をすることによって、薄毛の進行を未然に止めることができるようになります。どのような人がこのような検査を受けた方がよいかというと、身内に薄毛の人がいる人や頭頂部や前頭部の毛髪が少しずつ薄くなってきたという人が対象となってきます。