1. AGA横浜
  2. AGA治療薬
  3. ≫AGAの治療に効果的な薬は「プロペシア」と「ミノキシジル」

AGAの治療に効果的な薬は「プロペシア」と「ミノキシジル」

男性にとって薄毛が出るのはとても辛いことです。早い人だと10代で額が広くなり始め、20代で抜け毛が悪化してすっかり薄くなってしまう人も少なくありません。こう言った症状に見舞われると外見にもコンプレックスを感じたり、性格的にも積極性がなくなるなど影響が生じることもあるので注意が必要です。これらの薄毛はきちんと症状の原因を見極めて適切に処置すれば改善できるものも多く、まずは専門のサロンやクリニックを受診することでプロの目による診断を仰ぐことが求められます。

薄毛の原因には頭皮環境の不衛生化や生活習慣などがきっかけになるものもありますが、その一方で最近ではAGAという病気による症状にも注目が集まっています。このAGAは男性の精巣にて作り出されるテストステロンと言う男性ホルモンが、身体の中を巡る中で頭皮にある5αリダクターゼと言う酵素と互いに反応しあってDHTと言う特殊な物質を作りだします。

このDHTを頭髪の根元にある毛乳頭の機能が感知すると、すぐに毛母細胞に対して細胞分裂をやめて成長をストップさせるように指令が出て、これによって頭髪の成長サイクルが大きく乱れることによって抜け毛や薄毛が進んでいくのです。

もしもサロンやクリニックでこのAGAであることが診断されたなら、まずは飲み薬と塗り薬による治療が始まります。飲み薬はフィナステリドと言う成分を配合したプロペシアという錠剤を用いることがほとんどで、これを1日1錠服用すると5αリダクターゼのⅡ型の働きが抑制され、結果的に男性ホルモンと反応して DHTを発生させる分量も減少します。

このようにして頭髪の成長を妨げる原因が除去されたことによってヘアサイクルは正常化して、再び頭髪の育毛や発毛が取り戻される効果が得られるのです。

こうしてヘアサイクルが元に戻っても、そこにきちんと栄養分がもたらされなければ頭髪は元気になりません。そこでミノキシジルを配合した塗り薬を用います。

これを薄毛部分に塗ると頭皮に流れる毛細血管が拡張されて、血流量を高めると同時にそこで運搬される栄養分の量も増加させる効果が得られます。

このようにして過不足なく毛乳頭へ栄養が行き渡ることによって頭髪もきちんとそれらを吸い上げて頭髪全体へと行き渡らせ、健康的なヘアコンディションが得られることになるのです。

ただしこれらの薬には副作用を発症するリスクもありますので、もしも異常を感じた際にはすぐに医師に相談することも欠かせないでしょう。