1. AGA横浜
  2. AGA治療方法
  3. ≫AGAの治療方法の一つ「HARG(ハーグ)療法」とは?その特徴と期待できる効果について解説します

AGAの治療方法の一つ「HARG(ハーグ)療法」とは?その特徴と期待できる効果について解説します

HARG療法は、毛髪再生医療と言われる新しい薄毛の治療法で、医療機関でのみ受けられる施術です。

HARG療法は、幹細胞から抽出した成長因子や、HARGカクテルというビタミン類やアミノ酸などの毛髪の成長に役立つ成分を配合した薬剤を頭皮に直接注入することで、発毛を促し毛髪の再生を行っていくという治療法です。

頭皮に成長因子や薬剤を注入する方法には、注射針を使って頭皮の表皮部分に注入していく方法や、炭酸ガスの噴射の圧力によって皮膚の中に薬剤を散布する方法などがあり、クリニックによって用いられる方法が多少異なる場合があります。

注射針を使用しての注入は多くの医療機関で取られている方法となり、表皮と真皮の間に直接薬剤を入れるため効果が出やすいとされていますが、注射針による痛みが苦手だという患者さんは、極小の麻酔針を使って麻酔をしてからHARGカクテルなどの注射を行うという方法で施術を受けられるクリニックを選ぶと良いでしょう。

また、注射の痛みを避けたい人には、炭酸ガスを使った方法や、針のない注射と呼ばれる方法などでHARG療法を行うクリニックを選ぶのがおすすめで、それらの方法なら麻酔の必要がないという利点も得られます。

HARG療法の特徴のひとつは、発毛効果が高いと言われていることですが、これは育毛剤など頭皮に塗るだけの方法とは違って、頭皮の中に発毛に有効な成分を注入することにも関係していると考えられます。

この療法に使用するカクテルに含まれる成長因子は150種類以上あり、その中にはPDGF(血小板由来成長因子)やBasic FGF(線維芽細胞成長因子)、KGF(ケラチノサイト成長因子)などがありますが、これらは損傷した頭皮や毛包の修復を促したり、毛母細胞の増殖を促進したり、髪の毛が作られる時に必要なケラチン生成細胞を活性化するなどの働きをして、それぞれの働きが総合的に作用して発毛環境を整え、毛髪再生効果を生み出していきます。

この療法に使われる薬剤は、ヒト脂肪幹細胞から抽出したタンパク質(プロテイン)を主成分としたものなので、副作用やアレルギーなどの心配がないこともメリットとなっています。

それからこの療法の特徴には、AGAによる薄毛に悩む男性をはじめ、加齢に伴う薄毛や円形脱毛症の患者さん、女性にも効果が期待出来るという特徴もあり、AGA治療薬や植毛を併用して治療することも可能です。

薄毛治療の薬の中には、女性は使ってはいけない薬や副作用が心配な薬もありますが、それらに比べてHARG療法は安全に受けられることがメリットと言えます。

この療法を受けてから発毛効果が実感出来るまでの期間は、個人差があるものの、平均的には約3カ月となっており、比較的早く効果を感じられることも魅力となっています。

HARG療法は、日本医療毛髪再生研究会の認定施設となっている医療機関を利用して施術を受けると安心です。