1. AGA横浜
  2. AGA治療薬
  3. ≫AGAの治療薬の価格相場について

AGAの治療薬の価格相場について

多くの男性がAGAについての悩みを抱え、いまでは日本中で1,000万人はAGAの治療を行っているか、悩みを抱えていると言われています。30~50代の男性に多く見られる症状ですが、近年では若くても薄毛が目立つこともあり、20代から治療を開始する男性も少なくないようです。治療は皮膚科など一般病院で診察を受けているところもありますが、AGA専門のクリニックも設置されており、こちらは本格的に薄毛の治療を行っているので、本気で髪の毛を取り戻したいと考える人はクリニックに行くことをおすすめします。治療方法は基本的に薬物療法によって薄毛の進行を食い止めるか、発毛を促進させる2つの方法となっています。進行を食い止めるのはフィナステリド製剤と呼ばれるもので、5α還元酵素を阻害する作用によって薄毛の進行を抑制します。薄毛の原因とされるのはジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンで、テストステロンと5α還元酵素が結びつくことで生成されるため、フィナステリドによってDHTの生成が阻害されることで、薄毛の進行を抑える効果があります。もう一方の発毛を促進させる方法は、ミノキシジルと呼ばれる成分を使用する方法で、こちらは皮膚科などの一般病院では処方されない医薬品となっています。毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化させる作用があり、薄毛に効果的とされています。どちらの医薬品も厚生労働省ではAGA治療で認可されていますが、ミノキシジルについては育毛剤のみが認められているため、内服薬は輸入されたものをクリニックで処方してもらうという方法になります。価格相場としてはフィナステリドが1ヶ月分で7,500円前後、ミノキシジルは育毛剤なら5,000~7,000円、内服薬は1ヶ月分の最安値を2,500円として言い値となっています。そもそもAGAは健康保険が適応されず、相場というものが定まっていない事情があり、ミノキシジルは一般的には出回っていないことからも、2,500円以上の価格になることもおかしくありません。場合によっては5,000円や10,000円になることもあり得るので、相場を考えて購入するようにしましょう。