1. AGA横浜
  2. AGA全般
  3. ≫AGAは保険適用となるのか、また治療費の負担はどうなるか

AGAは保険適用となるのか、また治療費の負担はどうなるか

病院で治療を受ける場合、保険が適用される場合と適用されない場合があります。
例えば病気や怪我など病院での治療などが必要となる場合は健康保険の適用と言う事になるので、治療費の自己負担額は軽減されます。
しかし審美面を重視した物になると、それを行わなくても生活をしていく事が出来るという事になるので、健康保険を使う事はできません。
では、AGAの治療に関しては保険適用となるのでしょうか、それともならないのでしょうか。

結論から言うと、適用されません。
薄毛と言うのは確かに本人にとってはとても大きな問題で、それを改善したいと思う事も少なくありません。
またAGAの場合は男性ホルモンの影響と言う事になっているので、やはり病院で治療してもらうのが良いと思う人もいるでしょう。
現在では医薬品やサプリメントを利用する事によって髪の毛が濃く生えてきたという人もいるので、薬を使うなら適用されるのではないかと思う人もいるはずです。
さらにその薬自体はドラッグストアなどでは購入する事が出来ず、病院での処方、もしくは個人輸入などによって入手する必要があるというのも適用されるのではないかと思われる理由かもしれません。

しかし重要な点はAGAの改善方法に医薬品を利用するとか、その薬の入手方法がどうなっているかという事ではありません。
そもそも、薄毛を改善する方法としてはそれ以外の方法があります。
かつらを使うとか、育毛剤、育毛シャンプーを利用するという方法もその一例です。
さらにそもそも薄毛の改善と言うのは見た目を気にして行われる物で、それを行わなかったからと言って健康被害が報告されるという事は有りません。
だから絶対に治療しなければいけないかと言ったらそうではなく、あくまでも個人の希望によって行われるという事になるのです。

だから保険は適用されず、全額自己負担と言う事になります。
したがって、AGAの治療にもそれ程の期間がかからなければ良いのですが、治療期間が長期になればなる程治療費はドンドン高額になっていくので、人によってはその金額が経済的な負担となってしまう事も少なくありません。
ただ全額自己負担と言うのは現時点での事なので、将来的にはもしかしたら自己負担ではなくなるという可能性もあります。
AGAで悩んでいる人、治療費に関してどうしてもそれが躊躇する原因となっている人は、日頃から治療費に関するニュースには敏感になっておき、最新情報を入手しておくと良いでしょう。